正社員で日勤のみ・夜勤なしの看護師の仕事内容とは?

看護師が「日勤のみ・夜勤なし」で働くとすると、なんとなく正社員で働くのは難しいというイメージがありませんか?

 

入院設備のある病棟では夜勤が必須となりますし、日勤のみで働けるのはパートなど「非正社員」である場合が多いです。どうしても夜勤のある職場で「夜勤なし」で働くには、正社員では厳しくなりますよね。

 

しかし、手当てやボーナスなどを考えると、パートよりも正社員が魅力的なのは言うまでもありません。

 

では、看護師が日勤のみで正社員として働くことは可能なのでしょうか?その探し方についても説明していきたいと思います。

 

結論から言いますと、それはもちろん可能です。小さなクリニックや入院設備のない病院では夜勤はありません。
正社員として働くことも可能ですが、小さいクリニックだとパートを募集しているところも多いように感じます。

 

夜勤なし・残業なしで正社員、なおかつ待遇も良いところだと「介護施設」があります。

 

介護施設とは、老人保健施設や特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどのことを言います。
これらの施設には看護師の常勤が必須なのです。

 

介護施設というと夜勤があるイメージですが、
大抵のところは夜勤は介護士のみで看護師は日勤のみの勤務となります。

 

このような介護施設での仕事を探すには、「介護施設求人ガイド」がおすすめです。

 

介護施設での看護師の求人を扱っており、
専門のコンサルタントに自分の希望を伝えることで、より良い職場を紹介してもらえます。

 

ここでは比較的厚待遇の職場を扱っているので、入院設備のないクリニックより遥かに給料も高いです。
正社員で日勤のみの仕事を探しているのなら、おすすめは断然「介護施設」での仕事になります。

 

高齢化が進むにつれ、介護施設の需要は高まるばかりですので、まさに今が狙い目なんですよ!
夜勤をしたくない、日勤のみしか働けない方は、介護施設の転職で年収アップを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

次のページでは、介護施設求人ガイドについてご紹介します。